自動ドア歴史

自動ドアの歴史を知ろう

自動ドアは、扉の開閉を人の力ではなく、電気などの動力により行う設備です。自動ドアの歴史はとても古いことをご存知でしょうか。自動ドアの歴史を知ることにより、今後の自動ドアの開発が楽しみになることでしょう。そして、私たちの生活のレベルも同じように向上してきたことも理解することができるのです。

 

自動ドアの誕生はいつ?

自動ドアの歴史はどれくらい前までさかのぼるのでしょうか?
実は、自動ドアの誕生は紀元前100年頃、古くギリシャ時代にまでさかのぼります。ギリシャ時代にヘロンが祭壇の火の強弱を利用し空気圧の力で神殿の扉を開閉させたことが記録されています。日本では、飯塚伊賀七のからくり時計が鐘と太鼓で朝夕時間を知らせると同時に家の門が開閉したとされています。そして、昭和初期に自動ドアが各方面に出現し始めました。

 

自動ドアの歴史を知ろう@

1926年の山手線の電車に、安全運転のために空圧式の自動ドアが使用されていました。また、航空母艦加賀・赤城といった艦船では、格納庫の防火や防弾用として使用されていました。建物では、日劇前の東芝営業所玄関に、光線スイッチを用いた自動ドアが設置されました。国内で建物に自動ドアが使用されるようになったのは、昭和30年以降になります。20年代後半、自動ドアがアメリカのスーパーマーケット等で使用されるようになりました。さらに昭和32年に、油圧式と空圧式自動ドアが開発されて、新築ビルの玄関に自動ドアが使用されるようになったのです。昭和39年の東京オリンピックを契機とした街づくりで、自動ドアを設置する数が増えていき、設置台数は年々増加していきました。当初、自動ドアの商用電気としてモータの速度制御が難しいという理由で、油圧式と空圧式に変換して速度制御をしていました。しかしエネルギー効率が低いため、電気制御技術の進歩に伴い、モータを直接制御できる電気式が大半を占めるようになったのです。現在、空圧式や油圧式のほとんどは、ごみ処理場などの特殊建物に設置されています。

 

自動ドアの歴史を知ろうA

自動ドアは、銀行店舗の高級化やサービスのために使用されるようになって、昭和40年代後半になると、一般店舗でも広く使用されるようになってきました。このように、自動ドアの需要が大きくなっており、世界一の普及率になっています。技術革新が進んでいくことにより生活レベルも高くなっており、効率的な生産環境や、最適な研究環境、快適な生活環境を維持していくために、これからも自動ドアが増えていくものと思われます。

 

まとめ

日本の自動ドアの普及率がとても高く、これからも自動ドア修理の増加が見込まれています。自動ドアを設置している人は自動ドアの業者を良く選んで、修理価格を抑えるようにしましょう。

関連ページ

自動ドアの仕組みとは
自動ドアの仕組みを見ていくと機械の複雑な作業によって、扉が開け閉めをしていることが分かります。
故障確認ポイント
建物や会社の出入り口に設置されている自動ドアは、多くの人が利用する玄関です。しかし、それが故障したと思われると早く修理したいと思うかもしれません。
自動ドアのセンサーが反応しない理由
もし、自動ドアのセンサーが反応しない場合は、色の差を感知してもらうようにして対処できます。
回転式自動ドアのメリット
回転式自動ドアのほうがスペース効率が高くなるなどのメリットがあります。ですから、大きなビルやホテルでも多く使用されています。
悪徳業者がやりそうなこととは?
断りもなく故障時連絡先シール替えてしまったり、不必要な部品交換をしようとしたり、様々な特徴があります。
自動ドアの資格とは
自動ドア施工技能士とは、自動ドアに関する豊富な知識と技術を持ったプロです。自動ドアには、いくつもの機械や電子器具が区回されています。
自動ドアの修理の前に確認すること
自動ドアが不具合が生じた時、故障したと思ってすぐに自動ドアの修理業者を呼ぶ前にするべきことがあります。
自動ドアの修理を業者に依頼する前に
自動ドアの不具合は突如として生じるものです。安易にとにかく早く修理業者を決めてしまい、そのため詐欺まがいの業者に引っかかるということもあり得ます。
自動ドアの様々な機能
自動ドアは、駆け込み侵入や立ち止まり、斜め侵入といった事故の原因にならないように気を付けなければなりません。
自動ドアの維持費はどれくらい?
自動ドアを設置したものの、年間電気代や修繕費など、自動ドアの維持費に不安を感じる人も多くいます。
自動ドアのメンテナンスはしっかり行いましょう!
自動ドアのメンテナンスはとても大切です。メンテナンスを怠っていると、故障とまでは言えないもののメンテナンス不足というような状態で事故が起きる場合があるからです。
自動ドアセンサーの種類
自動ドアは建物内の省エネなどの効果を発揮し、通行効率を高めています。この自動ドアには色々な種類がありますし、自動ドアのセンサー(検出装置)も何種類もあります。
自動ドア関連の基準について
自動ドアに関する公的な安全基準はありませんが、自主的なガイドラインが制定されています。
自動ドアを長持ちさせましょう!
自動ドア修理という事態にできる限り遭遇しないよう、日頃から自動ドアを安全な方法で使用してみましょう。
修理拠点がたくさんある業者は安心!
拠点が遠くて現場到着まで多くの時間がかかるようなことがあれば、その業者へ依頼するかどうかは考えものですね。
赤外線センサー
建物や会社の出入り口に設置されている自動ドアは、多くの人が利用する玄関です。その自動ドアのセンサーのほとんどに、赤外線センサーが使用されています。
修理業者を選ぶ際のポイント
自動ドアの修理業者を選ぶ際のポイントは、まず無料見積もりができる会社かどうかを調べます。
誰が修理するかは大切!
修理が必要になるとしても、誰が修理するかは大切です。
自動ドアの利点と、気を付ける点とは?
自動ドアによって私たちは人の力で開閉する手間が省かれ、生活が豊かになります。しかし、自動ドアは、機械で自動開閉するため故障するリスクも高くなります。
防ぎたい自動ドアの事故例
是非とも避けたい自動ドアの事故例として、戸袋側のガラスや壁に手や身体を触れている状態で、開いて来たドアにあたるという事例や、ドアの面に手をついていて、戸袋に手を引き込まれてしまうという事例があります。
定期的な部品交換をしよう
自動ドアは、毎日使用され、何回も開け閉めするという動作をします。この開閉動作によって機械が消耗しますし、電気劣化も起こります。
保守点検とは?
自動ドアの保守点検は、定期的に専門の作業員が点検をすることによって消耗品の交換・整備調整をし、自動ドアを安全に、安心に快適に利用することが出来るようにするものです。
自動ドア修理に関係した悪質な業者とは?
自動ドア修理に関係した悪質な業者も存在しています。自動ドア修理においても複数の業者に見積を依頼することは大切です。
自動ドア設置前に安全対策
自動ドアも便利なものですが、安全に使用しなければなりません。ですから、自動ドアという便利なアイテムを設置する前に、安全のために気を付けるべきことを考える必要があります。