防ぎたい自動ドアの事故例

防ぎたい自動ドアの事故例

防ぎたい自動ドアの事故例

是非とも避けたい自動ドアの事故例として、戸袋側のガラスや壁に手や身体を触れている状態で、開いて来たドアにあたるという事例や、ドアの面に手をついていて、戸袋に手を引き込まれてしまうという事例があります。防ぐための具体的な対策について考えておきましょう。

 

戸袋側のガラスや壁に手や身体を触れている状態で、開いて来たドアにあたるケース

自動ドアの事故例として、戸袋側のガラスや壁に手や身体を触れている状態で、開いて来たドアにあたるという事例があります。ドアのそばに人がたくさん集まっているようなところで生じやすく、屋内側の戸袋に相当するガラスや壁に身体を触れる状況があると、事故につながってしまいます。ドアを開ける人の注意は届きにくい状況でしょう。では、こうした事例を防ぐためには、どうすれば良いのでしょうか。大切な点として、戸袋に触れないようにさせることで防ぐことができます。では、具体的にできることがあるでしょうか。

 

こんな対策もできます!

戸袋の側に防護柵を設置したり、電車のような二重の戸袋構造とし、ドアを戸袋の中に引き込むような構造にしたりすることができます。自動ドア修理業者に相談し、価格を尋ねてみることもできるでしょう。さらに簡易な対策として、戸袋の手前に植木を置くことなども検討することとができるでしょう。

 

ドアの面に手をついていて、戸袋に手を引き込まれてしまうケース

自動ドアの他の事故例として、ドアの面に手をついていて、戸袋に手を引き込まれてしまうという事例もあります。この事例は、自動ドアを通る人がタッチスイッチを押して開ける方式の自動ドアで発生しており、人が近づいただけで自動的に開く一般的な自動ドアでの例は少ない状況です。なぜなら、一般的な人が近づいただけで自動的に開くタイプのものは、人が近づけば開きますので、普通、扉の面に触れること自体ありませんが、手でスイッチを押すタイプのものは、人が近づいたとしても扉が動かず止まっているため、子供がドアに手をついているときにスイッチを押してしまうということが生じるようです。まずは、注意表示をしっかりとするようにしましょう。さらに、注意表示が読めない年齢の子供たちもいますので、大人がしっかり注意することが大切です。

 

まとめ

自動ドアの事故例として、戸袋側のガラスや壁に手や身体を触れている状態で、開いて来たドアにあたるという事例や、ドアの面に手をついていて、戸袋に手を引き込まれてしまうという事例があります。しっかりと注意表示をしたり、戸袋の側に防護柵を設置したりなど、具体的な対策を検討し、実施してみましょう。

関連ページ

自動ドアの仕組みとは
自動ドアの仕組みを見ていくと機械の複雑な作業によって、扉が開け閉めをしていることが分かります。
故障確認ポイント
建物や会社の出入り口に設置されている自動ドアは、多くの人が利用する玄関です。しかし、それが故障したと思われると早く修理したいと思うかもしれません。
自動ドアのセンサーが反応しない理由
もし、自動ドアのセンサーが反応しない場合は、色の差を感知してもらうようにして対処できます。
回転式自動ドアのメリット
回転式自動ドアのほうがスペース効率が高くなるなどのメリットがあります。ですから、大きなビルやホテルでも多く使用されています。
悪徳業者がやりそうなこととは?
断りもなく故障時連絡先シール替えてしまったり、不必要な部品交換をしようとしたり、様々な特徴があります。
自動ドアの資格とは
自動ドア施工技能士とは、自動ドアに関する豊富な知識と技術を持ったプロです。自動ドアには、いくつもの機械や電子器具が区回されています。
自動ドアの修理の前に確認すること
自動ドアが不具合が生じた時、故障したと思ってすぐに自動ドアの修理業者を呼ぶ前にするべきことがあります。
自動ドアの修理を業者に依頼する前に
自動ドアの不具合は突如として生じるものです。安易にとにかく早く修理業者を決めてしまい、そのため詐欺まがいの業者に引っかかるということもあり得ます。
自動ドアの様々な機能
自動ドアは、駆け込み侵入や立ち止まり、斜め侵入といった事故の原因にならないように気を付けなければなりません。
自動ドアの維持費はどれくらい?
自動ドアを設置したものの、年間電気代や修繕費など、自動ドアの維持費に不安を感じる人も多くいます。
自動ドアのメンテナンスはしっかり行いましょう!
自動ドアのメンテナンスはとても大切です。メンテナンスを怠っていると、故障とまでは言えないもののメンテナンス不足というような状態で事故が起きる場合があるからです。
自動ドアセンサーの種類
自動ドアは建物内の省エネなどの効果を発揮し、通行効率を高めています。この自動ドアには色々な種類がありますし、自動ドアのセンサー(検出装置)も何種類もあります。
自動ドア関連の基準について
自動ドアに関する公的な安全基準はありませんが、自主的なガイドラインが制定されています。
自動ドアを長持ちさせましょう!
自動ドア修理という事態にできる限り遭遇しないよう、日頃から自動ドアを安全な方法で使用してみましょう。
修理拠点がたくさんある業者は安心!
拠点が遠くて現場到着まで多くの時間がかかるようなことがあれば、その業者へ依頼するかどうかは考えものですね。
自動ドアの歴史を知ろう
自動ドアは、扉の開閉を人の力ではなく、電気などの動力により行う設備です。自動ドアの歴史はとても古いことをご存知でしょうか。
赤外線センサー
建物や会社の出入り口に設置されている自動ドアは、多くの人が利用する玄関です。その自動ドアのセンサーのほとんどに、赤外線センサーが使用されています。
修理業者を選ぶ際のポイント
自動ドアの修理業者を選ぶ際のポイントは、まず無料見積もりができる会社かどうかを調べます。
誰が修理するかは大切!
修理が必要になるとしても、誰が修理するかは大切です。
自動ドアの利点と、気を付ける点とは?
自動ドアによって私たちは人の力で開閉する手間が省かれ、生活が豊かになります。しかし、自動ドアは、機械で自動開閉するため故障するリスクも高くなります。
定期的な部品交換をしよう
自動ドアは、毎日使用され、何回も開け閉めするという動作をします。この開閉動作によって機械が消耗しますし、電気劣化も起こります。
保守点検とは?
自動ドアの保守点検は、定期的に専門の作業員が点検をすることによって消耗品の交換・整備調整をし、自動ドアを安全に、安心に快適に利用することが出来るようにするものです。
自動ドア修理に関係した悪質な業者とは?
自動ドア修理に関係した悪質な業者も存在しています。自動ドア修理においても複数の業者に見積を依頼することは大切です。
自動ドア設置前に安全対策
自動ドアも便利なものですが、安全に使用しなければなりません。ですから、自動ドアという便利なアイテムを設置する前に、安全のために気を付けるべきことを考える必要があります。